読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特定扶養控除?給付型奨学金?

ええと今日は

我が家には年明けに大学受験を控える娘と

再来年に大学受験を迎える息子と連続で受験する子供が二人います

大学…

結構お金がかかるんだよなぁってイメージはあったものの正直ピンとは来てはいなかったのですが

高校などから貰ってくる資料などみると一年間なんて簡単に100万円なんて越えちゃうんですね(涙)

まあ実際は100万円ごときでは済みませんが

 

自分は大学は行ってないので尚更わからなかった

受験代金だけでも1万8000円位?センター試験とか前期後期とかあるみたいだし

で大学やわ国公立、私立を何校か受けてしまえば

軽く10万円はこえるのだろうと

まあまだきちんと計算はしていませんが

後は交通費だの滞在費だの必要だと思うし

結構かかりそうですね

学資保険も加入はしてるけど足りなそうだなぁと

今からどれだけかかるのか戦々恐々としております

 

「特扶養控除(導入)」と「給付型奨学金(導入予定)」あるようです

 

特定扶養控除」とは

・年末時点で「19歳以上、23歳未満」の子供などを養っている場合に所得税と住民税の負担が軽くなる。と

どうやら大学の授業料などがかさむ世帯の支援的な仕組みがあるみたいですね

所得税だと年収から控除の63万円を引いてから税率がかかるようです

調整分が還ってきて

少しは家計には助かるのかな

 

「給付型奨学金

・返す必要のない奨学金

のようですが

どうやら2018年度の入学生から利用できるようです

ただまだ奨学金支給額、支給要件などは今現在詰めているようなのでどうなるのかはわかりまかせんが

低所得者には心強い味方なのかと思いましたが

 

ちょっと待てよ?

その財源はどこから持ってくるのだろうか? 

 

どうやら一つは

特定扶養控除」を縮小することを検討しているみたいですね

そうなると

控除額が減ることになるのかな?

 

後はどこから持ってくるのだろう

増税なのかやっぱり

 出来ればそれはないのが一番だけど

まずないような気もするなぁ

 

 

うちの子達が無事に大学生になれたとしたら

娘は17年度だとして「特定扶養控除

息子が18年度の「給付型奨学金」?

にあやかる事になるのかな

 

本当にお得であるのなら

助かるんですけどね

 

今小さいお子さんお持ちの方は

小学生~中学生の間は結構貯金ができると思います、少しでも頑張って貯金しとおいた方が後々助かる事になります

 

我が家はそこで貯めるべきものを

旅行などにあてて使っていたことを今更ながらに悔やんでいますが遅いですよね

 

もう少し大学の授業料安くならないかな(-_-;)