読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンダム改めて観てみたvol.2

第2話「ガンダム破壊命令」

リュウさん、セイラさん登場ですね

カイ登場

「それでも男ですか軟弱者」

ってビンタをセイラさんに喰らうけど

何か結構理不尽に叩かれたのね(-_-;)

 

その後

セイラさんとシャアが御対面

って久しぶりでもわかるよなぁきっと

 

その後シャアは脱出するんですけど

榴弾で脱出ルート作りながら進むんだけどコロニーの壁まで壊して脱出って

めっちゃ薄い壁だなコロニーの壁

 

その後部下と宇宙遊泳しながら進むんだけど

アムロビームライフルで狙うんだねど

追っかけた方が捕まえられたんじゃ…

 

いやそもそも宇宙空間はまだ動かせないか、乗ったばっかだし

正規パイロットでもないしな~

 

アムロとシャアの初対決ですな

にしても

シャアの反応速度が並みじゃないな

「当たらなければどうと言うことはない」

確かにそのとおりだ(笑)

 

その後リュウの乗るコア・ファイターにバルカン攻撃を受けた時

「うわぁ」ってシャアがびびってた、そんな事もあったんだねぇ

それにしても戦いの後ブライトにブリッジに呼ばれて「ガンダムに頼りすぎる!!」って

ブライトさん無茶苦茶言うなあ

でもこの頃多分アムロに共感して何だブライトって思ってた気がする(笑)

 

第3話「敵の補給艦を叩け!」

 

ホワイトベース艦内からの話ですね

カツ、レツ、キッカとフラウ・ボゥが缶詰の配給してる、宇宙に出たが缶詰だったんだな~

いや缶詰は日本が産んだ文化だからいいのか、変にレーションだったらあの頃の自分たちはわかってないもんな、きっと

 

エレベーター内でブライトとセイラさん

セイラさんもう連邦の制服着てる

ブライトの質問に答える必要があって?と

さすがセイラさん!

で「地球です」と

結局答えるんかぃ!!

 

シャアがドズルに補給を頼んで、パプア補給艦が来る奴ですね

この時代のアニメではやっぱり異色ですね~

 

それを叩きにアムロリュウが出撃して、アムロリュウをディッスてる

リュウのやつって…

 

まぁパイロット候補リュウが高度を上げちゃダメでしょね、見つかりますからね

そしてその後にリュウアムロの意見に納得って、あんたパイロット候補生でしょ…

 

ガデムが「ミノフスキー粒子」とここで始めて「ミノフスキー粒子」という言葉が出て来たんですね~

 

太陽を背にガンダムシャアザクのシルエットがバトル、何かすっごく忍者がクナイを持って戦うようにも見える。 

そしてリュウさんはまた、今度はカイに主砲斜線上に出てくるから邪魔と言われるあたり、本当に連邦の候補生なんでしょうかね(-_-;)

 

クライマックスは

ガンダム旧ザク、何か渋い台詞を言いながら戦ってた記憶だったんだけど

 

あれっ?

ビームサーベルで一刀でしたっけ?

そんな簡単にガデムがやられましたっけ、何かこうもっと老練な戦いを見せていたように記憶していたけど記憶違いだったのか(-_-;)

 

しかし今でこそ思うけど、確かにこれじゃ当時の子供達にはなかなか受けなかっただろうな(-_-;)

 

この頃のアニメって善と悪がハッキリしてて、熱血で(笑)

しかも気合いでロボットが戦って、勝っちゃうみたいな感じだったもんな~

よく企画通ったな…

 

でも見返して見ると、楽しいしちゃんと見ていられる。

 

さすがガンダム(゜ロ゜;