読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jリーグチャンピオンシップ決勝戦1st

いよいよ今夜は

2016Jリーグチャンピオンシップ決勝戦第1戦目ですね、本日は鹿島のホーム[鹿島サッカースタジアム]での試合が行われ第2戦目は浦和のホーム[埼玉スタジアム2002]にて行われます。

 

ちゃんとテレビ放映もあってよかった~

ひょっとしたら無いんじゃないかと思ったてたけど、TBS系列にて19時より生中継です

 

夕飯早目に食べてしっかり備えよう

 

今年の浦和は今までのような甘さはなくなっているがただ最後に試合をした天皇杯のゲーム以来試合は2週間ぶりとなる

コンディションは試合を行っていない分、恐らくは良いだろうけどゲーム勘を取り戻せるかが問題、取り戻せていないとゲーム開始時の入りが甘くなる可能性もある

そこはきちっとして入らなきゃいけないところ、まぁ選手はそれはわかっているはずだとは思うが

 

一方鹿島は23日に川崎との準決勝を行っているだろうからゲーム勘は大丈夫だろう、どちらかといえばこちらは体調面とはなるが中2日でどこまで疲労がとれているか

 

浦和はフォーメーションが3ー4ー3で攻める時点では5人が前に詰めて、守備時にも5人で守る、基本的にはしっかり守りをして攻めるスタイル

 

特に浦和はサイドからの駒井、関根のドリブル突破から中央へが強い

今回は鹿島の厚い守りを崩して中にいかに入っていけるかだと思う

 

興梠の裏を獲る動きはまだまだ健在

武藤も調子が良い

控えには李が控えている、控えではあるが李は大舞台にも強い怖い存在だと思われる

 

 

鹿島は4ー4ー2とオーソドックスなスタイルですが中盤のダブルボランチの小笠原、永木、DF陣がうまく相手をつぶし一気にカウンターをしかける堅守速攻と言った感じですね、守りのチームで前回の川崎戦ではまさに堅守をアピールする試合だったなぁ、前線が第2ステージでは攻撃陣は不調だったようだが川崎戦での動きを見る限りでは金崎もゴールを上げ調子が戻っているだろうから金崎らしさが出ればやはり怖い存在だ浦和ディフェンスは要注意をしなければならない相手である。

 

いよいよあと1時間弱でキックオフ

両チームともいいゲームを見せてほしいですね

浦和、鹿島両チームサポーターは現場で楽しいんだろうなぁ、あまりにヒートアップして両サポーター同士間の揉め事だけはないように願いますね

両サポーター熱いですからね🎵