読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手術後2ヶ月目

今日で

9月26日に尺骨突き上げ症候群の為に骨切り手術を行ってから、ようやく2ヶ月経ちました。

ギプスを外したのは1ヶ月前でしたが、外した時は本当に手首の間接が固まっていて、どうやっても動く気配がなく、コレ本当に動くんだろうかと心配でしたね

今はリハビリの甲斐あってか、まだ少し違和感はあるものの稼働域も増え、だいぶ動かせるようになってきました。

 

まあ動かない時は本当に正直手術してよかったんだろうか?と不安になりながらの毎日でしたが

ホッと胸を撫で下ろしている最近です。

 

今月上旬に受診した際には

まだ骨はくっついてはおらず、骨の断面図にもまだ骨の癒着時に出ている?モヤモヤみたいなのも見られなくて

 

「骨まだくっついてはないから、まだまだ重い物を持ったり、負荷をかけないように」と

 

事務仕事とかだったら復帰はできたけど、力仕事は…

いかんせん利用者さんの大事な体を預かる身としてはまだまだ復帰は厳しいなと実感もあり何か起きても問題だし…

 

実際には腕を回転させようとすると

ある位置からは突っ張り始めて動かない稼働域があり、そこから何とか動かそうとしてもかなり突っ張り痛みが出る、痛みで結局手を引っ込めてしまったり、これではとてもじゃないけど移乗は厳しいし、ベッド上で体位交換も無理そうです。

 

ひょっとしたらプレートで上手く曲がらないのかな?と主治医に確認すると

ちゃんとプレートはくっついるのでそれはないとの事

やっぱり動かなかった分の反動なので、まずは地道にゆっくりと動かしていくようにと

決して無理はしないでと言われたのでとりあえずは一安心ではあるのですが

 

まずは無理せず頑張って動かしていくしかないなと

 

にしても冷えると

 

よく手術した人達が「季節の変わり目とか湿気とかで痛いんだよね」と言いますが

 

本当だ(゜ロ゜;

冷えると

プレートを埋めこんだ辺りが何か痛い?というか冷たく?感じて違和感はある

 

こういう事かなと実感

毎年冬になったりすると痛むのか~と考えています

それとプレート入れた皮膚のあたりは

触ると何か他の皮膚より「ピリっ」とくるような感覚が

手術した部分だからなのか、下にプレートが入っているからなのかはわかりませんが

気になるといろいろと心配になってしょうがないです

 

また来月の受診時に聞いてみよう

 

ただ自分寝てる時の寝相がものすごく悪いため結構痛みで目が覚めるけど

嫁さんが言うにも

「結構夜中に動きながら(寝返りしながら)痛い痛い言いながら寝てるよ」と

ひょっとして寝相で悪くなってんじゃないかな…

 

早く治りますように…